体質の変化に影響するものというお話の続きです。

アーユルヴェーダの体質(ドーシャ)は人だけでなく、時間帯も体質の性質にあてはまる時間というものがあります。それぞれのドーシャが1日のある一定の時間帯に優勢になるのです。

この自然のリズムを理解して生活に取り入れることができれば、体のリズムが整い体調を維持することができると考えられています。


***************************************************************************************
トリドーシャ3


ヴァータの時間帯
 午前2時~6時  午後2時~6時


ピッタの時間帯
 午前10時~午後2時 午後10時~午前2時


カパの時間帯
 午前6時~10時 午後6時~10時


***************************************************************************************


早朝はヴァータの時間帯。早起きすればその日は1日ヴァータの体質で活動でき、テキパキと機敏に行動できます。

逆に遅くカパ時間帯に起きると、カパの体質が強くなり1日怠惰で無気力になってしまいます。

そして夜は10時までに寝ることがアーユルヴェーダでは良いとされています。

カパ時間帯を過ぎるとピッタ時間帯に入ってしまいます。この時間帯はエネルギッシュになるので元気になってしまいます。熟睡できなくなって疲れが残ってしまいます。



つまりは朝6時までに起床して夜10時までに就寝が理想の生活リズム・・・日の出とともに目覚め、日の入りとともに眠りにつく。よくよく考えてみればこの過ごし方は自然ですよね!?

本来はそういった生活をしていたのが、電気などの普及に伴い生活のリズムが激変、不規則な生活になっていったのです。

この不規則で不安定な生活リズムは知らず知らずに身体を弱め、不調となって現れてきます。

ですが、先に述べた早寝早起きは今の時代にはなかなか難しいことですよね。絶対そうあるべきと強制するものではありません。


もし、何か原因不明の体調不良、風邪などのときに実行してみてはいかがでしょうか?

本来の人間体内リズムに合わせた生活リズムは、生命力を高めてくれます。つらい体も回復する力が高まり早く元気を取り戻すことができるのです。