ここ最近でアロマ(精油)関連のグッズが増えて身近になってきました。テレビでも話題になったりとアロマへの関心度が高まっているのでしょう。

お客様とのお話でもご自宅で、オフィスで香りを楽しんでいらっしゃる方が増えてきているのを肌で感じています。
中にはキャリアオイルに精油をブレンドして自分でマッサージされてる上級者も!

美意識が高くて努力家な方がたくさんいらっしゃいますので、美と健康のアドバイザーとして私ももっと勉強しなくちゃ!と気持ちが引き締まります。

salon7


ただ、中には精油を間違って使ってらっしゃる人もいてドキッとしてしまうこともあります。


ここで使用上の注意をお知らせ

1*精油の原液を皮膚に直接つけない
  ※ついてしまったらすぐに大量の水で洗い流しましょう。肌トラブルの原因につながります。

2*精油を飲用しない
  ※海外などでは飲用するばあいがありますが、日本では認められていません。あくまでも雑貨扱い飲用はしないでください。

3*火のあるところに置かない
  ※引火の可能性があります。揮発性なので火のあるところ、暖房器具付近などの近くに置かないように。

4*お子様やペットの手の届くところに置かない、使用しない
  ※皮膚に触れたり誤飲を防ぐ。また、身体が小さく精油からの影響を受けやすいですから管理はきちんとしましょう。



精油を使ってマッサージをされる場合やお風呂に入れたりと肌に触れるような使用の場合は品質や希釈濃度や注意事項を理解してご利用になってくださいね~。
お風呂に垂らす方も多いですが、精油はお水に溶けませんので水面に浮いてきてしまいそこだけ濃度が濃くなってしまいます。こまめにかき混ぜたり、岩塩などと合わせて湯船に入れましょう。

精油によっては肌刺激のあるものもあります。これも注意ですね!




ベビーマッサージも浸透してきて赤ちゃんにオイルでマッサージも人気ですね。
でも精油のプロのもとでのマッサージ以外では、一般的に赤ちゃんへの精油の使用は避けたほうがよいと思います。

小さなお子様は大人に比べて精油の影響を受けやすいので精油なしのオイルにするか、ベビーマッサージ専用のオイルで行いましょう。



注意事項も決して難しいことではありません。アロマを正しく使って毎日の生活を快適に、豊かなものにしていきましょう☆