暖冬の冬だからこそ、暖かい日と寒い日の差が大きいものですね~。

お客様もその温度差についていけず体調を崩される方が例年より多いように感じます。

っという私も実は先週ダウンしてしまい(+o+)多くの方にご迷惑おかけしてしまったのです・・・ 本当に失礼いたしました。

せっかくのご予約を一旦キャンセル、その後改めて別の日にご予約しなおしていただき大変ありがたいです。温かいお言葉までいただき感謝の言葉しかでてきません。

本当にありがとうございました。おかげさまで完全復活しております!




ここで、みなさんに一つお願いがございます。

なんだか風邪っぽいな~という時は、例え当日であってもご予約キャンセルできますので無理してご来店しないでくださいね!

風邪の引きはじめにはマッサージがいいと思っているかたもいらっしゃるようですが、かえって悪影響です。引き始めは「温かくして寝る!」これに限ります!

風邪ひき中のトリートメントがNGの理由は以前ブログに書きました。

そしてもう一つ、2次感染を防ぐためにも。



風邪の引きはじめは背中が痛くなることがあります。いつもと違う背中や節々の痛みはウイルスの影響も考えられますので、よく痛みの感覚を観察して見極めてください。

「なんかいつもと違う…」そう感じたらまずはよく体を休めましょう!









寒暖差の大きい時に体調を崩しやすいのは、体がついていかないから。

そういいましたがなぜついていけないかというと、ここにも自律神経が関係してくるんですよ~。

私たちの体温調整はこの自律神経が担当しています。



暑い時は血管を緩め汗をかき、体内にこもった熱を外に出して体が熱くなりすぎないよう調整します。
逆に寒い時は血管を引き締め余分な熱が体から出ていかないようにしたり、体を震わせ熱を生み出すよう働きかけます。



これが温度差が目まぐるしく変化すると、調整作業に振り回され自律神経が疲労します。 

自律神経は他にも「人間が生きていくための体内調整」の仕事がたくさんあるのですが、疲れてくるとこの体内調整が弱くなります。

体内調整が弱くなるということはつまり、体力低下や免疫低下につながり体調を崩しやすくなるんですね。 



もともと不規則な生活やストレスを抱えて生活していれば、自律神経は不安定な状態。

そんなときに大きい温度差の天候は、体に大ダメージとなる可能性高いですよね。


sejyutu27
 
そんなお疲れの自律神経をケアする方法に

ホットストーンで背中をじっくり温めることもおすすめです!



背中には頭からお尻まで、1本の太い骨が幹のように伸びています。

「背骨」ですね。

この背骨の中には神経の束が通っていて脳からの指令が「ピピピ」と電気信号のように伝わっているんです。

神経の束にはもちろん自律神経も含まれます。

疲れた時は背骨周辺をよく温めて緩めてあげると気持ちいいんです。

背中を優しくなでられると安心するように、背中の緊張がとけてリラックスすると精神的な部分も安定します。



この「心の安定」は健康のための一番の良いサプリメントですから、ストレスを和らげて心の豊かさを取り戻すことって本当に大切なこと!

ホットストーンは「温めてリラックス」と「背骨を緩めて心身の安定」の2つの役割が大きいんです。





寒暖差に疲れて元気が出ない時は、ホットストーンで元気を取り戻しませんか?



Bloom garden ~温香セラピー~

大分県別府市光町
0977-23-8891
不定休 10:00~19:00 (19時から130分コースまで)

アロマボディトリートメント、ホットストーンセラピー、フェイシャルエステなど。