暖かくなったと思ったら、暑いですね!

日中は上着もいらないくらい
うっかり上着を着ていたら暑くて汗をかいてしまいます




こんなに暖かくなった今、気をつけたいのが”熱中症”

実は真夏より今の時期のほうが多いとも言われる熱中症…

*体が暑さになれていない
*汗をかく準備もできておらずうまく汗がかけない
*水分補給の意識がまだできていない
など、寒い時期に忘れてしまっていた夏仕様の体。

人間は急な環境変化に弱いです。

なので急な暑さに体内が対応できず熱中症になってしまうのですね



なのでまずは、水分補給!!ですよ~~


959fe7f7541ab1924e7323f1323af7db_s


お客様の中には「むくみ体質だからなるべく水分控えている」とおっしゃる方もいます。



でも、適量の水分を摂らないとかえってむくんでしまうんです。
もちろん水分摂り過ぎもむくむのですが、むくみを気にしている方の一日の水分量はお話しを聞く限りちょっと少ないように感じます。



私たち人間の体(成人)はだいたい60%が水分だそうで、一日に排出する水分(尿や汗や水蒸気として、呼吸でなど)は2リットル以上!

なので出ていく水分量補わなくてはならないのですよね。

食べ物の水分もあり、その他もろもろを差し引いた約1.5リットルほどは飲み物で摂っていきます





ここでポイントなのが、

*一度の水分の摂る量
*摂るタイミング
*飲み物の種類


です。



*一度の水分の摂る量

一気にがぶ飲みするのではなく、コップ1杯程度の水をゆっくり口に含みながら飲むのがよいです。
大量に汗をかいたあとに一気に水を摂ると、体内が水で薄まりミネラルバランスが崩れるということもあります。

汗をかく季節こそこまめにとって体のバランスを見ながら飲み物を選ぶ必要もありますね!


*摂るタイミング

必ず取りたいタイミングは「朝起きた後、夜寝る前、お風呂の前後」です。
寝ているときには汗をかき補給するタイミングもないので、朝はカラカラです。なので寝る前も1杯のお水を飲むことは夜中の脱水予防になります。
また入浴中も汗をかきますので前後でしっかり補うことをお忘れなく☆彡

あとは「喉乾いたな~」という時はすでに脱水が始まっていると言われています。喉の渇きを感じる前のタイミングでこまめにとるのが理想ですね。


*飲み物の種類
私が気を付けているのは「〇〇ばっかり」にならないようにしていることです。
珈琲ばっかり、お茶ばっかり、炭酸ばっかり、冷たいものばっかり…

汗をたくさんかいた後は汗と共にミネラル成分も出ていっていますので、ミネラル豊富なお茶やスポーツドリンクでも良いかと思います。
ただそれ以外でスポーツドリンクは塩分や糖分が多いのでたくさん飲むのは摂り過ぎになる場合も。

紅茶やコーヒーやお茶にはカフェインが含まれます。
2~3杯ならまったく問題ありませんが濃いめのものを一日多量に飲むと眠りや精神面に影響出てくるかもしれません。

またコーヒーなどには利尿作用もありますから、飲めば飲むほどに排出されてしまうことも考えられます。







私は基本「絶対これしてください」という強制はしませんが、水分補給はちょっとうるさく言ってしまうんですよね^。


だって、
ご自分の体のこと、
体内に入れるものはイコール健康や美容に関わってくることですから、摂り方をちょっと意識するだけで体は楽になったり心が安定したりと変化を感じ生活がちょっと心地よくなるものです。



instagram-icon_1057-2227instagram-logo-001




ホットストーンで温活&ホルモンバランスケア
onkaname

通常メニュー    
マタニティケア

お店LINEに登録すると
「メルマガ購読」「予約メッセージ」
ができます。

友だち追加
ポイントカードもあります