*************************
さいたま市大宮北区
心と体が1℃高まる、アロマとホットストーンセラピー
Bloom gardenです。
*************************





むむ!っと暑い日があれば、ス~っと肌寒い日もあり…

朝涼しいのに出かける時間に急に暑さが~…とか、緩急激しい今月でした。



こういう時って体は自分の思っている以上に疲れています。

温度差に一生懸命対応してくれているからです。
急激な環境変化はカラダにとってはとてもハードなこと。かなりの負担がかかっているのです。




そしてこの温度差への体の対応疲れで”自律神経”もお疲れモードに

自律神経には2つのタイプの神経があります。

「交感神経」「副交感神経」です。


2つの名前は耳にしたことがある方も多いことでしょう。




今日はその2つのうち、交感神経に注目してお話しします。



自律神経2種類



どちらも大切な神経で、この2つが互いにうまく働くことで私たちは日々快適に活動できているのです。


なんとなくのイメージで「交感神経が活性されてしまうと体が辛くなる、ピリピリモードになる」と、交感神経はよくないものと思っている方もいらっしゃいますが、

交感神経は活動するために必要な神経で、家事や仕事やスポーツなど頭脳をつかったり体を元気に動かすためにはなくてはならない大切な働きをしています。

交感神経は悪いものではないのです


ただ、脳を過剰に働かせたりストレスなどの負担が大きくなっていると交感神経が休まらず働き過ぎてしまうのですね…

*寝むれない
*イライラしやすい
*気持ちがせってドキドキ、そわそわする

など不調が出てきます。



自律神経バランス


一日を通して、交感神経と副交感神経の働きが1:1であることが理想です。

ざっくり言えば朝から日中は交感神経優位で活発に活動し、夕方から夜は副交感神経優位でゆったりしだいに眠くなっていく。

太陽の動きに合わせた自然の流れですね





でも今の世の中、太陽の動きに合わせた生活は…難しいですね

太陽に逆らって夜中まで明るいし、活動もするし、脳は遅くまでフル活動してしまうものです。
(私もそうですから)



なので世の中の傾向としては交感神経の活動が過剰になってしまう自律神経の乱れで体や心に辛さを感じている場合が多い。

そういう時はトリートメントで脳を落ち着かせて休ませてあげるのが良いんですよね
PB051187

心地よい香りは脳に直接働きリラックスさせてくれます。
優しくゆったり触れられることで触覚の神経が脳に安心感をもたらし緊張を緩めてくれます。

普段何気なく使っている「五感(味覚・触覚・嗅覚・聴覚・視覚)」の中でも嗅覚や触覚は脳にダイレクトに作用します。味覚もそうでしょうか。

なのでアロマセラピーやタッチセラピーという治癒力を高めるセラピーが有効なのですよね。



施術後のお客様の表情は、みなさんどなたもほっこりとした穏やかで柔らかい

脳が満たされて体と心のバランスが整った証の表情です




***関連記事***





*******************************

HP banner_7Bc_08

心と体を1℃上げる、
アロマ&ホットストーン【温香(おんか)セラピー】

ロゴ白抜き
さいたま市北区大成町4-288-2
ニューシャトル鉄道博物館駅徒歩4分
11:00~21:00(21時最終施術終了時間)


友だち追加


埼玉県さいたま市大宮周辺、北区大成町、ニューシャトル鉄道博物館駅、浦和、桜木町、櫛引町、植竹町、盆栽町、土手町、日進駅、北大宮駅、加茂宮駅、宮原駅、土呂駅、東大宮駅周辺からのご来店いただいております。