私もそうですが、夏になると肌の調子が悪くなるっていう人も結構多くいらっしゃいますね。

と、いうのも夏はいろんな肌刺激があるので肌が弱りやすいんです。




特に私が苦手とするのが

「自分の汗

なんです。



もともと代謝もいいので冬でも結構汗かくタイプ。

夏になればそりゃ~~ダラダラかいてしまうのですよ



でもちゃんと汗をかけるってことはいいことですし、汗自体は悪者でもなく体を守る、体内環境を本来の自分の状態に維持できるように調整する反射機能です。

これを恒常性(ホメオスタシス)といいます。





でも、でもね~、、、


617053


汗はただの水ではなく、塩分や体内ミネラル分、老廃物なども含まれています。

この成分が通常弱酸性の肌をアルカリ性で刺激してしまうんですね。

この刺激がピリピリやチクチクするような痛みとかゆみに感じたり、バ~~~っと肌が赤くなってしまうんです。

一時的ですが、このかゆみが耐えがたく掻いてしまって肌をキズつけてしまうので、また別の肌トラブルにもなりかねません。


**
また発汗をつかさどるアセチルコリンというものが関係している場合や汗の成分にアレルギー反応してしまうこともあるそうです。

どれにしても、汗をかくとかゆみや痛み、赤みが出るなどで肌荒れをさらに引き起こす引き金になりますね…
**





通常、肌が正常なら汗をかいてもそれでかゆくなったり赤くなることはありません。

でも肌表面が弱くなっているとささいな刺激にも反応してしまうのです。

つまり敏感肌になっているのですね~。


肌表面が弱くなっているというのは、乾燥してバリア機能が弱くなるあるいは刺激に負けて角質が不安定になっていてバリア機能が整っていないなど。




夏場って汗で角質がふやけて緩くなっています。

あと、長くプールや海水浴で浸かっているときなんかも、肌が水分(塩分もありますし、塩素系の刺激もあるかも?)に長くさらされるので肌がふやける=角質が緩むときだと考えます。

そういう状態の時にふき取りをタオルなどで擦ってしまったり、ゴシゴシ洗ったりすると必要な角質まで失ってしまって肌のバリア機能を弱めることになります。



また日本の夏は湿度も高いのでついボディスキンケアは忘れてしまいがち。

またお顔のお肌ケアもさっぱり仕上げタイプやベタつきを敬遠してクリームを省いてしまうという行動も肌を守りきれず敏感で不安定な「ゆらぎ肌」にさせてしまうのです。




つまり、、、

夏のほうが肌を乾燥させる、敏感にさせる要因が多い。



だから自分の汗の成分にまで反応してしまうのですね。




つまりは、

夏もお顔はもちろんボディスキンケアも保湿を意識して、”擦らない”拭き取りを心がける。

私もこの意識でピリピリ感や赤みがでることがグ~~~ンと少なくなりました!



やっぱり日ごろのちょっとした心がけが大きい違いになりますね☆




***関連記事***





********************************

HP

心と体を1℃上げる、
アロマ&ホットストーン【温香(おんか)セラピー】

ロゴ白抜き
さいたま市北区大成町4-288-2
ニューシャトル鉄道博物館駅徒歩4分
11:00~21:00(21時最終施術終了時間)


友だち追加


埼玉県さいたま市大宮周辺、北区大成町、ニューシャトル鉄道博物館駅、浦和、桜木町、櫛引町、植竹町、盆栽町、土手町、日進駅、北大宮駅、加茂宮駅、宮原駅、土呂駅、東大宮駅周辺からのご来店いただいております。