私は小さい時から病弱で、すぐ気管支炎から喘息となり1週間くらい学校を休んでしまうため母は出席日数が足りているか心配するというのが毎年という具合でした。


体が変わったと感じたのは中学生に入ってからですね。

運動に縁のなかった私が友人の影響で何を思ったかソフトボール部に入部

学校の中でも1番と言われるほど厳しく練習量も多いソフトボール部!
でもおかげで筋力がつき肺活量も多くなって風邪をひきにくくなって喘息を起こすことも少なくなったんです。



*********************
こんにちは!さいたま市大宮北区
巡り力を充電して、ホルモンバランスを整える
温香*巡り体質改善 Bloom gardenです。
*********************




20代前半の私


ですが、虚弱体質はまたぶり返します。

20歳過ぎた頃、腎臓も悪くして入院もありました。

あと少し遅かったら手術、もしかしたら腎臓片方なくしていたかもしれなかったです危ない…

2014-047

その後も普段から

いつもだるい、疲れやすい
朝起きれない(低血圧)、
風邪ひきやすい、
風邪からすぐ気管支炎→喘息になる、
生理痛がひどく薬が手放せない、
生理の出血が多すぎ、
いつもどこかに湿疹ができている、
顔に発疹、かゆみが出る、


ちょっとした一時的なものなら気にしなかったと思いますが、いつも何かしらの辛さがあり、その辛さも体調によって耐えがたい不調になることもしばしば…

でも「どうにかして改善しよう」とは思うに至らず

いつも薬でごまかして辛さが過ぎるのを待っていたように思います。



昔からいつも体調がそれほど良くないことの方が多い私だったので、具合が悪いことが当たり前になっていたようにも思えます。



ぶり返した原因は2つ。

*運動量が大幅に減った
*独り立ちをし食生活が乱れに乱れた


これも今振り返れば「そうなるよね」という原因です。

食事の大切さも知りませんでしたし、なにより「作るのなんて面倒!」だったので出来合いのもの、インスタント、外食、コンビニ。
1498457032242
毎日そんなものを食べていましたね。
あとはお菓子…


あとはこれも原因だろうとおもいますが、
そのころはファッション系の販売をしていたのでとにかくおしゃれ優先。

寒かろうが露出多く、薄着、生足、厚手のコートとか持っていなかったです

これにより冷えを溜め込み、身体内部の機能が「栄養不足」「冷え」によってまったく巡っていなかったと想像できます。




20代後半


20代半ばくらいにOLに転身します。

これによって生活習慣も変わりましたね。
ちょっと食に興味が出てきていろんなものを食べるようになり、自分で作ることも楽しくなりました。

ですがそれによってお菓子の量も増え、またデスクワークということでコーヒーを1日に4杯~と飲んでカフェイン過多にもなっていました。

好きなものは毎日、何回もという癖もあるのでカフェイン、アルコール、甘いもの、油ものと摂りすぎていたんです。

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373-2


しだいに20代のころの不調に加え

動悸、めまい、ふらつき
わけもなくイライラ、
情緒不安定、
内にこもりがち(気持ちが)


精神的な不調も強くなっていきました。

これは先ほど出てきたカフェイン、甘いものを摂りすぎると起こりやすいものです。

見事なまでに、正直なほどに、自分のとった行動そのままの不調が出ていましたね



心身ともに不調が溜まり、これがセラピストになるきっかけでもあります。




30代になって

セラピストになってマッサージのために解剖学など人体の勉強がすすんで、不調になる原因もある程度理解でき、マッサージによって心身をリラックスさせて整えて不調を楽にしていくことは身に付きました。

すべては自分がまず実験台。

私は本当にいい実験台でした。不調の宝庫だったのでね(^-^;


実践したのは
*体を動かす(ヨガやジムに行く)
*カフェイン量を減らす(1~2杯を15時くらいまで)
*カフェイン以外、冷たくない飲み物を適量飲む
*湯船に入って芯まで温める
*睡眠を6時間はとる
*お菓子に依存しない(食べ過ぎない)
*仕事、家事以外に楽しむ時間を作る
*家でご飯を作る



結婚をしたという転機もありますが、ご飯を作るようになったというのは大きかったと思います。

ただ、30代入ったばかりのころは仕事も朝から夜までで結構ハードにこなしていたため、これらすべてを毎日できていたわけではありません。

少しづつ、少しづつ、生活を変えていった感じですね。




ただ、大分県に引っ越しこととなり環境が変わり、このころに独立開業したわけですが、

頑張りすぎてしまったせいでまだ体調は悪化します



これなでにない不調でした。

立っていられないほどのだるさ、めまい
5分歩くと倒れそうになる
↑なので不安で外出したくなくなる
血の気が引く感じと手足がガクガク震える
冷や汗
胸が締め付けられる感じ(切ないのとは違います、笑)


18790

父が脳出血で倒れたこともあるため「まさか私も脳に病気??」と脳のエコーまで撮ってもらいましたが

「いたって健康、なんの問題もありません」と。

全身検査し、病院も変えたりしましたがどこへ行っても「精神的じゃないですか?リラックスしてください」と言われるだけでした。

「何なら、精神科行きますか?」とも言われショックでした…

「私パニック症なのかも…」そう思ったこともあります。




気づいた「食事の大切さ」

あまりに体がきつかったため、仕事をセーブして自分の生活を大切にしようと”ある種の諦め”モードに入った時期がありました。

これがすごくよかったのですが…



九州・大分ってお魚はもちろん地の野菜も豊富で、また採れたてをいただくことも多いんですね。

いろんなお野菜、果物、お魚、お肉…

関東では見たこともない食材もありました。

お魚は本当においしくてスーパー出やすく買っても、こちらで高級なお値段出して食べるお魚と変わらない。いや、もっとおいしいかも!
お魚本当によく食べました。

IMG_9960


またお料理上手な方も多く、持ち寄りランチもよくやりました。

本当にいろんな食材をいろんな料理で食べましたね。



気づいたら不調も和らいでいて、仕事も本来の量に戻すことができるようになりました。




ここでやっと気づきます。

5ff482daef046ff0cc81b9336d9927b2_t

食事って、食べること、食べる内容って身体はもちろん、心にもすっごい影響するんじゃない?


まだ自分なりの方法でしたが、それでも食事の内容にも興味を持つようになりましたね。

*偏らない
*家にいるときは作る
*食べる質に意識する
*旬を取り入れていろんな食材を食べる


こんなことを心がけて。





さいたまに戻り、食と健康の勉強をスタート

2016年に大分からさいたまに戻り、再び関東での生活、サロン活動がスタートしました。

自分の不調も完全に消えたわけではなく、また家族など周りの人たちの不調も気になって「食事でどれだけ変えれるか」もっと試したいという気持ちが強くなりました。

それで自己流ではなく講座に通い勉強を開始しました。

photo02

やはりここも自分が実験台。

体質改善の食事を去年の夏ごろから本格的にスタート。

本格的にといっても、
普段の食事をちょっと3点だけ気を付ける。だけ。


変に我慢したり、ストイックにならないようにも注意しました。
なんでもやりすぎるとどこかに弊害が出たりします。


人間関係に冷たい風が吹いたり、楽しみがなくなったり。

なので、
毎日ではありませんがカフェインも摂ります
お菓子も食べます(量は決めています)
羽目をはずして飲みに行く日もあります
ジャンクフードも口にすることもあります(あまり口に合わなくなりましたが)




IMG_2660


食って楽しみでもありますよね。

お友達とおしゃれなカフェに行くのも楽しい
飲んでしゃべって発散もいい
いろんな食べ物、料理を体験するたのしみ
旅行先でしか食べられないものを味わう
可愛いお菓子を楽しむ


だから、絶対口にしないということはしない(ようにしています)。

楽しんだら、そのあとリカバリーすればいいわけです。



この1年の食事改善とファスティングを通して


ま、この2週間は「期間限定体質改善」としてストイックに食事制限してファスティングしましたが。

期間があるからできる、頑張れるものでもありますよね。

c01800e2fed8c80c0cb2f8815f0b2e38


食事を変えて、ファスティングを体験して自分が以前と変わったと感じること。

*動悸、めまい、ふらつきがなくなった
*湿疹ができにくくなった
*肌のかゆみがなくなった(乾燥がなくなる)
*だるさがない、むしろ体が軽い
*疲れにくい、筋肉痛も起きにくい
*以前から寝つきはいいが寝起きが良くなった
*風邪をひかなくなった
*アレルギーが出にくくなった(鼻炎、湿疹、花粉)
*生理痛、排卵痛、PMSがない
*生理の出血が少なくなった(以前が多すぎだっただけ)
*むくまない、足がだるくならない
*爪が割れにくくなった
*髪質が良くなった
*肌の調子が良く、脚のザラザラ感がなくなった
*冷えのぼせがなくなった
*精神的に安定する(冷静になれる、イライラしない)
*歯のトラブルもなくなった(すぐ親知らずが痛む、腫れる)

これらは、自分のもともとあった「貧血」と「低血糖」が主な引き金になってボロボロでてきた不調だったんですね。

というか、こんなにいろんな不具合を抱えていたのですね。。。



症状が落ち着いて初めて「これも不調だったんだ」と気づくものもたくさんありました。

勉強をしてこの、貧血と低血糖でこういう不調になるというのは当然と理解できるようになりましたが、

知らなかったらこれらの不調がそういう原因で起こっていたなんて想像もできていなかったです。



結果、元気な体だけでなくお肌も髪質も、爪も、美容面でもいい結果がでて嬉しいことです






ファスティングまで行う必要はそれぞれなので「絶対いい」とまで言いません。

むしろ、一時的に頑張って結果を出してもその後がまためちゃくちゃでは意味がないです。

なので毎日の中で少しづつ変えていく、0.5個づつ変えていくくらいのゆっくりペースで調整していくのでもいいのではと思います。

それも人それぞれ、ご家庭それぞれですから。


今後、みなさんの美と健康をお預かりする者として、中から変えていくサポートもできればと思っての自分実験です。

一人一人に合わせて行けるよう、習得したものをもっと練り上げていこうと思います。



***関連記事***





********************************

instagram-icon_1057-2227instagram-logo-001



newlogo1

    ↑HPはこちらをクリック!

戸建て一軒家の自宅サロン
Bloom garden
さいたま市北区大成町4-288-2
ニューシャトル鉄道博物館駅徒歩4分
11:00~21:00(21時最終施術終了時間)


友だち追加


埼玉県さいたま市大宮周辺、北区大成町、ニューシャトル鉄道博物館駅、浦和、桜木町、櫛引町、植竹町、盆栽町、土手町、日進駅、北大宮駅、加茂宮駅、宮原駅、土呂駅、東大宮駅周辺からのご来店いただいております。