温泉街に行くと気軽にお湯に浸かれる「足湯」がありますよね。

全身温めなくても、足を温めることで全身が温まったりもするので足湯って本当に良い!


eyecatch

足を温めるのは体に良いということは、多くの方が知っていること。
今や常識になってきていますものね



サロンでも施術前には足浴といって足を温めることをします。

もちろん、夏場など足にかいた汗を流す、衛生面的な目的もありますけれど、
一番の目的は「足元を温めてこれから行うマッサージがより効果的になるように」

いきなりマッサージをスタートするよりも、緩まり感、リラックスの度合いが断然良いのです





足を温めるのはなぜいいのか、なぜ緩まるのか、リラックスできるのか…?




体が健康でいられる良い状態が「頭寒足熱」といって、
頭はクールに、足元はホットに。

血、全体の割合も上半身3:下半身7が良いとされています。
血は温かいですから、足元にしっかり7割の温かい血があることもやはり頭寒足熱ということですね!!

1363767705



足側に体全体の血液量7割がある。

ということは、足に疲れが溜まり巡りが滞ると…
淀んだ冷たい血液が足にとどまってしまっている状態になっています

これでは疲れが取れるわけもありませんよね。




また、

頭寒足熱
血液循環は、脳の神経系、つまり自律神経にも作用します。

血が滞り冷えていると脳も緊張感がでてしまいます。
酸素たっぷりの良い血が頭に行くことで、リラックスするときにはしっかり緩めることができる神経バランスになるのですね!




足は第二の心臓と言われるのも納得です






だから、全身疲れていても足だけマッサージする「リフレクソロジー」というマッサージ手技があるのです。

よく”リフレは足が疲れている時に受けるもの”と思っている方も多いですが、足に限らず体全体のお疲れ時にも、内臓機能のお疲れがあるときにも、イライラ・落ち込み・不安があるときにもおすすめなんです

全身マッサージする時間はなくても、足のマッサージで全身の疲れをケアするため、
よく駅の中、ショッピングモールの中、空港の中などに足ツボ屋さんやリフレ屋さんがあるんです。






そして、肩や背中の疲れが気になる方で「気になるその部分さえマッサージしてもらえればいい」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、

マッサージはせっかく受けるなら絶対全身!

じゃないと、損だし効果半分くらいかも…



足のマッサージの重要さが分かれば、なぜ全身マッサージが大切かも納得でしょう




instagram-icon_1057-2227instagram-logo-001




ホットストーンで温活&ホルモンバランスケア
onkaname

通常メニュー    
マタニティケア

お店LINEに登録すると
「メルマガ購読」「予約メッセージ」
ができます。

友だち追加
ポイントカードもあります